【簡単復活】使いづらいWordPressバージョン5.0をプラグインで元に戻す方法

WordPressを使っているとプラグインやWordPressそのもののバージョンアップが結構あります。

このバージョンアップを怠ってしまうと、ウィルスとかにやれてしまいやすくなるので、こまめに更新をした方がイイのですが、今回にWordPress Ver.5.0の更新はあせりました…。

ブロックエディターとかいうやつに、管理画面が勝手に変わっています。

「え?え?なにコレ??どーすんの??」

頭の中は?マークだらけ。

でも、こういうのって慣れてみれば使い勝手良さそうなので、ちょっと触ってみたのですが、スゲェ使いづらい(涙)

しかも、元のバージョンに戻すには…IT知識の乏しい私では1日かかりそう。

 

そう思ったところ、イロイロ調べるとわかりました。

今回のバージョンはプラグインひとつで簡単解決します。

Classic Editor プラグインのインストールの仕方

実はWordPressの公式にも書いてあったのですが、上の画像のプラグイン 『Classic Editor』で全て解決できました。

本当にインストールするだけで解決できます。

※インストールする際は必ずバックアップを取っておきましょう。

 

まずは管理画面(ダッシュボード)のプラグインで新規追加で『Classic Editor』 を検索。

大文字小文字を打ち間違えるとTOP画面に出てこないので注意。

出てきた『Classic Editor』のプラグインを今すぐインストールします。

 

続いて、管理画面のプラグインから『Classic Editor』を選択して、設定をクリックします。

おそらく、この段階ですでに前のバージョンに戻っているかと思います。

 

 

管理画面の設定から確認・変更が行えます。

設定から投稿設定にカーソルを合わせて、下の赤枠内の画像のようになっていれば以前のバージョンのエディター画面になっているはずです。

 

WordPressバージョン5.0のエディターに戻したい場合は、ブロックエディターを選択するとすぐに戻ります。

また、投稿画面からでもエディターを選択することができるようになっています。

まとめ

今回のWordPressのアップデートは多くの方がビックリしたのではと思います。

今後はこちらのブロックエディターがメインになっていくようで、『Classic Editor』を使わずにブロックエディターでのライティングに慣れていく必要がありそうです。

WordPress公式のプラグイン『Classic Editor』のサポートは少なくとも2022年までは続くとのことです。

 

関連記事

  1. WordPressにGoogle Analytics(アクセス解析)を…

  2. WordPressでグローバルメニューを作る方法

  3. WordPress初心者講座~初期設定を済ませよう~

  4. WordPress初心者講座~ビジュアルとテキスト~

  5. WordPressのテンプレートは何を選ぶべきか真剣に考えてみた

  6. ドメインを取得した後に…WordPress超初心者向け講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Mail Magazine

3カ月で月収10万円を目指すためのメールマガジン

初心者でも無理なく収入を増やすプログラムになっています。

※『ゼロから底上げアフィリエイト』レポートプレゼント中

↓↓↓ご登録は下の画像をクリックしてください。↓↓↓

 

Lineで仲間を募集中

これからビジネスをされる方、すでにされている方

LINEで仲間を募集しています。

あまり難しく考えず、遊び仲間感覚で登録してもらえれば幸いです。

LINE ID: @smallbiz で検索。@をお忘れずに。